3月のおしらせ

3月のお知らせ

先日、「本願寺新報」を見ていましたら、「コロナ禍に24時間面会の態勢を維持」という記事が目につきました。新型コロナウイルスを院内に持ち込まないためにと、多くの医療機関で面会制限の措置が取られている中、宗門が設立母体である京都府城陽市の緩和ケア病棟「あそかビハーラ病院」の24時間面会可能の対応を続けていることに驚き読み入ってしまいました。受付を通らず庭から、病室に入れたからできたそうです。 それは脳腫瘍の手術後、何もしなければひと月半と宣告され、面会も思うように行けずこのまま母は一人で亡くなっていくのではと感じた娘さんがそのようなことだけはさせたくないと地方の総合病院から、この病院に転院されたそうです。亡くなる16日間はお母さまと一緒に時にはお孫さんも来られ、穏やかにゆっくりとした時間が流れ、「亡くなっていくのはつらかったが、一緒におれた」ことが毎日が幸せだったと娘さんが書かれれている記事を読んで、私も安堵いたしました。しかし、このようなケースはほんの一部で、感染防止の為とは言え思うように面会できない患者と家族の苦悩ーーー、時には最後に立ち会えない状況も生まれているのが事実です。一日も早く終息することを念じ上げます。 

今月の予定

歎異抄輪読会  3月17日(水) 午後2時 ~   第一条 後半

日曜学校    3月27日(土) 午前9時 ~   たこ焼き 花まつり

春期彼岸会法要 3月20日(土) 午後2時 ~  春期彼岸会法要 並びに 永代経法要

2月のおしらせ

3月のお知らせ

昨年の年末に小学生が選んだ漢字ベスト3は「笑」「幸」「新」でした。これを見たときに、子供たちは大人と違いコロナによって生活様式が変わったことを、ポジティブに捉えていたようです。学校が休校になり、運動会や行事が中止、家族旅行も行けず、我慢我慢の1年だったのに、普段忙しくてできないことが休校中にでき、それを新しい経験として楽しみや幸せを見つけたのでしょう。大人は連日不安なニュースばかり見てストレスがたまるばかりですが。正光寺の日曜学校に来て下さる子供たちの笑顔を見ると又頑張るぞ!と元気をもらいます。少し安心しました。コロナ禍のこの時だからこそ子供たちの居場所として日曜学校を開校しています。コロナに負けるな1! がんばろう1!  季節柄、お体ご自愛下さい。写真は1月の日曜学校のお勤めです。

今月の予定

歎異抄輪読会 2月17日(水) 午後2時 ~   第一条からです

日曜学校   2月27日(土) 午前9時 ~   お雛さん工作    

1月のおしらせ

3月のお知らせ

新年明けましておめでとうございます。新しい年の初めに私たちは新年のあいさつを致します。「なぜ、お正月はおめでたい?」のでしょうか? お話をすると長くなりますので、法話のページを閲覧願います。 年末、年始は新型コロナウイルスの第3波の中、静かにお家で過ごしている方が多いことと思います。早く普段の生活に戻ってほしいですね。 

今月の予定

元旦会    1月1日(金)  午前7時 ~  正信念仏偈 (現世利益和讃) 法話 

歎異抄輪読会 1月11日(月) 午後2時 ~   御正忌報恩講参加

日曜学校   1月23日(土) 午前9時 ~   百人一首 カルタとり

御正忌報恩講 1月9日 ~ 15日

元旦(ライブ配信します) 「正光寺のお寺チャンネル」でお楽しみください。 当日電波障害がなければいいのですが。

参拝者には干支の可愛いタオル、子供たちにはお年玉を差し上げます。 今年は三密に気を付けてご案内しております。お茶も温かいペットボトル

を用意しております。

お 礼

年末にはたくさんのお供え(お歳暮)が上納されました。 本堂にお供えしております。 本堂のお供え、リンゴ、ミカン、お餅、ハボタン、住職の好物等、ありがとうございました。

お詫び

住職の法話掲載、遅れております。 もうしばらくお待ちくださいませ。

今年もコロナ禍の中、「ホームページ」「ユーチューブ・正光寺のお寺チャンネル」「正光寺だより」を正光寺の身近な情報を発信していきたいと思います。新年もよろしくお願いいたします。 季節柄、お体ご自愛ください。


    

正光寺について

正光寺について
住職法話
永代供養

その他各種ご案内

各種法要
初参式
仏教婦人会例会
歎異抄輪読会
正光寺日曜学校
華道教室
落語会
仏事Q&A

所在地

〒651-1312
兵庫県神戸市北区有野町有野3681-2

交通機関のご案内

電車神戸電鉄三田線・田尾寺駅より三田方面へ徒歩7分
お車

西宮北ICから約3分
六甲北道路「五社出入口」から約5分

北六甲有料道路吉尾ランプ出口5分

駐車場について駐車場あり